アドセンス紹介プログラムからGoogleの変化をみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アドセンス紹介プログラムとは

アドセンス紹介プログラム聞いた事がある人もいると思いますが、達成が非常に困難です。

一般人にはまずムリw

 

条件は

・紹介者と紹介対象が日本に住んでいる。
・有効なアカウントの作成と開設から30日以内に紹介対象者が8000円達成

アカウント作ってから1ヵ月で8000円だってw

一般的な方だとアドセンスの審査すら落ちまくるのに、審査をクリアできる知識を持った人でも8000円ってまず無理ですw

 

紹介プログラムからGoogleの考えを読む

こんな高いハードルを一般人はクリア不可能なのはGoogle先生は知っているわけで、

それなのに、こんな高いハードルを課すには、Google先生の考えがあるはずです。

つまりGoogle先生がアドセンスの広告を貼って欲しいのは、現状ある程度の知名度があるアイドルや著名人、ネットの有名人を取り込みたいと思っているんです。

 

Google先生はネット広告企業です。

より多くの方にアドセンスのネット広告を見てもらうには、有名な方・人気のある方にアドセンスを利用してもらいたいんです。

つまりアドセンスの審査でもPVが稼げてる人が有利になります。

 

まぁ一般人がいきなりPV稼ぐなんて無理ゲーなんですけどね。

 

個人的に好きで観ている方で、ツイッターで定期的にバズを起こすアホな子なんですが

※アホは関西人の褒め言葉です。

アホな子故に、アドセンスの審査的には問題児で、過去アドセンスの審査に挑んで落ちまくり諦めてたんですよね。

それが紹介プログラム導入後に審査を受けたらあっさりクリアするというね。

その子のブログの記事のスタイルもあまり変わっていないのにw

でも、面白い記事でクリアするのは一般人では厳しいのが現状です。

 

スポンサーリンク

アドセンスの審査基準

アドセンスの審査は貴方が普段読むブログとは違う

アドセンスの審査では、過去にインチキアフェリエイター達が行った嘘の記事でのPV稼ぎなどがあり、偽物を排除するために、記事の知識を見ています。

 

知識が多く書いてあるのどんな本でしょうか?

 

思い浮かべてください。

 

教科書、辞典なんて知識が抱負に書いてありますよね。

でも観ていてつまらないものです。

知識を試される以上、そんなつまらないものを書いた方が、審査は有利になるんです。

 

そして「他者の役に立つコンテンツ」が有利になります。

他者の役に立つモノってなんでしょうか?

参考書やマニュアル、How to本です。

でも「私が知っていることでそんなに凄い知識なんてない」

そんな風に思う必要はないんです。

 

一般的には5割の方が知っている事でも、残りの5割の方には役に立つ事は沢山あります。

特に経験の乏しい若者に、貴方の持つ知識は役に立つモノがあると思います。

因みにこのブログでも、審査時とても短い記事ですが、知らない人にはとても役に立つ記事をいれています。

若い人があまり知らない団体生命保険の話

社会保障などの話を私はよく書きますが、それはつまらない話ですが、他者の役に立つのを知っているから書いています。

 

貴方は他者の役に立つ記事を書いていますか?

自分が悩んだこと、乗り越えられた事、経験の乏しい若者に向けて、より具体的に分かりやすく記事に書いてください。

その貴方の困っていた自分を助けたいという思いを審査する人間は評価します。

 

自分が書いていて楽しいからと日記記事を書いてしまう方が多いですが、その記事に何かを解決するための知識がなければ審査員は評価しません。受かっても緩い審査員に当たっているだけです。

審査で評価されるのは誰かの役に立つ知識だとしっかり理解してください。

そして厳しい審査員に当たっても「他者の役に立ちたい」という思いの乗った記事で、正面突破をしてくださいね。

では∠(`・ω・´)

タイトルとURLをコピーしました