アドセンスの審査を受からないのは審査員を理解していないから 再現性の高いライティング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アドセンスの審査は審査員制、審査員の心を掴め

過去の記事でも言及していますが、

アドセンスの審査は審査員制です。

つまり審査を有利にするには、

審査員の気持ちを考える必要があります。

アドセンスの審査をクリアできないのは再現性を軽視しているから

 

審査員は毎日多くのブログを読んでいます。

正確には審査の為に読まされています。

つまり仕事だから仕方なく読んでいるんです。

 

勘違いする方が多いのですが、自分の記事を受からせたいが為に、

 

記事数を増やし、文字数を増やす。

 

こんな行為は、カマってちゃんのメンヘラ女と同じです。男の負担を増やして逃げられるだけ。

審査する人間の負担を増やし心象を悪くするだけです。

 

リアルで厳しい上司と仕事をした時がある人なら判ると思いますが、

話が長いと

「結論から言え」

と言われます。

仕事中の長い話は、相手の時間を奪い、仕事を遅らせます。

つまり相手を不快にさせてしまうんです。

不快な記事に対して審査員はどうすると思いますか?

途中で読むのを辞めて、脚下しますよ。

アドセンスの審査はこの程度に考えなくてはなりません。

 

先日も私はアドセンスの審査をクリアしましたが、記事は3記事ありましたが、インデクスされていた記事は1記事と大変少ない状態でクリアしています。

それを可能にしているのは、私がアドセンス審査員の気持ちを熟知しているからです。

つまり私も仕事に追われ、部下の書類に判子を押す立場にいました。

 

結論から書け アンチクライマックス法

多くのブロガーさん達が言ってくれていますが、

結論から書くのが基本になります。

これってアンチクライマックス法の事で、お笑いで言うと掴みのことです。冒頭に盛り上がりをつける事で読み手を引き込む手法なんです。

結論から書くとその記事が何を伝えようとしているのか?が明確になります。

そして、読み手は自分の中でその記事がどんなものか?事前にイメージできるので、自然に読みやすい文章となります。

 

分かりやすい方がいたので

保険の話で

序盤 費用対効果。

中盤 自信の体験で、それほど病院の費用はかからない。

結論 でも保険に入った方が良い。

 

費用対効果は低い。からの保険は入った方がよいでは、説得力が低いですよね。

 

改善

まず、結論の「保険は入った方が良い」を明記する。

それは何故か?入らなかった場合のリスクを書く。

費用対効果&節税など

この程度の費用なら「家族の為に入った方が良い」と結論づけ。

 

不安を煽られた人間が

「保険は家族の為に入る」と言われると、やはり皆さん入った方がよいか?と考えるようになりますよね。

つまり審査員も同じ様に、その記事の「何を伝えたいか」が分かるんです。

 

文章は簡潔にする

期日のある仕事をしている最中に、長々と同じ様な事を言われれば、イライラしますよね。

 

そして自分語りをダラダラされたら「仕事の邪魔するな!」となります。

 

つまり不利。

 

論点を絞る

現在ウェブでは、seo対策でやたら長い記事が多いですが、読み終わったときに、何も記憶に残っていないなんて記事もありますよね。

多くの人間は量が増えると記憶できません。

つまり量が増えると何を伝えたいかわからなくなります。

やはり不利。

 

アドセンスの審査は

1記事あたり1000文字×3記事もあればクリアできます。

審査員に優しい文章を書いて、審査員から好印象を引き出し、審査を有利にしてください。

 

では、受かる事を祈っています。

タイトルとURLをコピーしました