若い人があまり知らない団体信用生命保険の話

スポンサーリンク

若い人があまり知らない団体信用生命保険

実は私は不動産屋の息子なんですが

恥ずかしい話ですが、30歳くらいまで、団体信用生命保険の事を知りませんでした。

スポンサーリンク

団体信用生命保険とは

住宅ローン契約時に

銀行がトリッパぐれを防ぐために生命保険に加入させるのです。

これが団体信用生命保険

いわゆる団信です。

この団信ですが、

とても有利になもので、

銀行が保険料を払ってくれるのです。

ようは金利の中から支払われるのですが、

現状の安い金利を知っていると

奥様などは団信に加入している事を知らない人がチラホラ。

この団信ですがどれくらい凄い保険かというと

契約者が死亡時、住宅ローンの残債がなくなるのです。

ですから、残った奥様はそのまま自宅に住み続ける事ができるんです。

これって凄い保障ですよね。

ですので、

スポンサーリンク

住宅ローンは保険として考える

と言うのが私の意見です。

子供ができたら是非、

ご家族のために、住宅の購入を検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました