初級関数 無料EXCEL(Android版)

スポンサーリンク

 

これらは基本的事なので覚えておきましょう。
スポンサーリンク

sum

範囲内の数値を加算するために
sumを使います。

IMG_20160710_125233.jpg
fx タップ
Screenshot_2016-07-10-12-50-36.png
数学/三角 タップ
Screenshot_2016-07-10-12-50-57.png
下にスクロールさせて
sum タップ
IMG_20160710_125423.jpg
範囲をしています
今回は
=SUM(L3:L3000)

Screenshot_2016-07-10-12-51-42.png

合算終了です。
スポンサーリンク

AVERAGE

平均値を求めるために

AVERAGEを使ってみます。IMG_20160624_231017.jpg

画面上部中央タップ
IMG_20160624_231137.jpg
画面左 ホーム タップ
Screenshot_2016-06-24-22-46-57.png
数式 をタップ
IMG_20160624_231214.jpg
画面下部を下にスクロール
Screenshot_2016-06-24-22-47-33.png
統計 タップ
Screenshot_2016-06-24-22-49-06.pngAVERAGE タップ
Screenshot_2016-06-24-22-49-17.png

数値1 に

今回は20日分の平均を求めるため
数値1にe2
数値2にe21ですので
e2:e21
と入力すれば
e2〜21の平均が表示されます。
スポンサーリンク

STDEVPA

標準偏差を求めるために

STDEVPAを使ってみます

IMG_20160626_213940.jpg

いつもの画面中央上タップ
Screenshot_2016-06-25-23-32-27.png
AVERAGEの時と同じ要領で
数式 統計    STDEVPA   の順でタップ
IMG_20160626_214059.jpg
今回20日分の標準偏差を求めたいため
@終値のところに
e2:e21
と入力すれば標準偏差が表示されます。
スポンサーリンク

MIN MAX

範囲内の最大値と

最小値を求めるために

maxとminを使います
まずはmaxから
IMG_20160713_225539.jpg
fx タップ
Screenshot_2016-07-13-22-53-04.png
統計 タップ
IMG_20160713_225610.jpg
max タップ
IMG_20160713_225645.jpg
今回は5日間の最大値を求めるために
=MAX([@終値]:E9)
と入力して レ タップ
IMG_20160713_225717.jpg
minも同様に
=MIN([@終値]:E9)
と入力し レ タップ
Screenshot_2016-07-13-22-55-03.png
表示管理です。
スポンサーリンク

COUNT

指定した範囲のセルに
セル何個分データが入っているか
数えるのにcountを使います

IMG_20160711_235729.jpg

fx タップ
IMG_20160712_000106.jpg
下にスクロールさせて
統計 タップ
IMG_20160711_235808.jpg
count タップ
IMG_20160711_235859.jpg
今回L4からL3000を調べますので
l4:l3000 と入力し
レ タップ
Screenshot_2016-07-11-23-59-10.png
結果が表示されました。
スポンサーリンク

IF

if関数は条件に合う場合と合わない場合で違う処理を行わせるものです。

IMG_20160704_231759.jpg

fx タップ

IMG_20160704_231838.jpg
論理 タップ
Screenshot_2016-07-04-23-06-38.png
今回はa1が5より
大きければ ○ 越えていなければ ✕
と表示しようと思いますので
=IF(A1>5,”○”,”✕”)
と入力

IMG_20160704_233940.jpg

a1が5を越えていないため ✕
と表示されました。
スポンサーリンク

and

if関数だと1つの比較しかできませんが

複数のセルの値によって処理をかえたいときはand関数を使います
(最大で30個の条件付け可能らしいです)

IMG_20160703_231226.jpg
任意のセルに合わせ
左上 fx タップ
Screenshot_2016-07-03-22-54-19.png
論理 タップ
Screenshot_2016-07-03-22-54-25.png
and タップ
Screenshot_2016-07-03-23-01-49.png
今回は表内の
前日のσ2と終値を2日連続で越える場合を見つけたいため
$E2>$H3,$E3>$H4とします
Screenshot_2016-07-03-23-04-42.png
and関数は
指定された式を満たすものをTRUE
一つでも満たしていなければFALSE
と表示されますが
これだと見づらいので
Screenshot_2016-07-03-23-04-48.png
このセルを
Screenshot_2016-07-03-23-07-16.png
に変更します。
Screenshot_2016-07-03-23-10-46.png
条件を満たしたものが ↑ に
それ以外が 空白 になり
見た目がスッキリします。
とりあえずここら編まで理解できると、初級者は卒業かなと思います。
スマホの画面で切り替えながらやるのも大変なものです。
安い本で良いので一冊持っていると視野が広がりますよ。

タイトルとURLをコピーしました