住宅ローンフラット35sの金利が0.87%だと?!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

住宅ローンフラット35s最低金利0.87%だと?!

過去最低水準の住宅ローン金利ですが、

その中でも全期固定金利のフラット35sですが、現在0.87%&団信込み、

団信を抜くとまさかの0.67%

そこらの銀行の変動金利クラスw

 

ぷにた
ぷにた

これで利益でるのか?

心配になるレベルですが

まあ住宅金融支援機構という独立行政法人がやってるやつなのであまり気にしませんw

むしろ国の制度だと思って利用しましょうw

 

で、この0.87%ってどんくらい凄いかって比較した方が分かりやすいので

5年くらい前までの1.15%で比較したいと思います。

 

フラット35s aプランbプランとは

フラット35でローンを組む住宅が耐震性、断熱性などで基準を満たした場合に適応される優遇金利のことです。

 

Aプランだと10年間

Bプランだと5年間

通常のフラット35よりも0.25%金利が低く住みます。

自分の欲しい物件が適応しているか?は確認する必要がありますが、

大手の建売住宅なら売る為に、ほとんどの物件がAプランの適応条件を満たしています。

 

フラット35s金利0.87%と1.15%で比較

当初金利0.87%から

10年間0.87% 月々82880円

残り1.12% 月々85407円

総額 3556万7647円

 

556万円金利がつくのかと思うかもですが、3LDK4LDKの家賃相場支払いと同等それ以下ですよね。

 

賃貸なら安い所を探せるとか思う方もいますが、新築戸建も安い所を探せば2400万円以下が普通にあります。うちはこれなので支払い楽ですよw

※3000×0.8=2400ですので、上記数字に0.8をかければ目安になります。

 

そして持ち家には資産価値もあるし団信の保障を考えると購入の方がお得になります。

賃貸・住宅購入どちらがお得?妻子もちなら家を買え!

 

当初金利1.15%では

10年間1.15% 月々86799円

残り1.4% 月々89412円

総額 3723万9455円

 

差額167万1808円

 

ぷにた
ぷにた

今から買う人が羨ましい!

でも住宅購入は年齢の縛りがあるので、欲しい時が買い時だったりするので、一概に言えないんですよね。

 

変動金利と固定金利どちらがお得か?

変動金利最安で0.42%くらいですが、この金利が続く保障は何処にもありません。

 

私も少し前の金利でしたら、

契約は変動金利で、固定金利の支払い額で支払うつもりで繰り上げ返済をして、固定金利よりも安い金利で残債を圧縮し

金利が上りそうになったら固定金利に借り換える。

というのがお得になると思っていましたが、

流石にこの低金利0.87%をみると、固定金利の方が良いとしか思えません。

借り換えにかかる費用が馬鹿にならないですし、慣れない事をやるストレスが非常に強いですからね。

10年後に借り換えたくても、病気になったりしていると借り換えられない場合もあります。

 

ですから、固定金利の方がライフプランを立てやすいので、この超低金利0.87%なら固定金利を推奨します。

 

 

金利が下がったから、フラット35からフラット35に借り換えならどうなるの?

3000万円を借りて5年間支払い済み、安くなりやがってクソ!

と思い借り換え検討するとどうなるかシュミレーション

 

フラット35を借り換えた場合

5年間1.15% 月々86799円

残り期間 月々87168円

総額3658万8382円

65万円程お得になりますが、借り換え手数料でほとんど無くなってしまうので手間を考えると残念な結果になります。

 

ですが、団信が制度変更されていますので違う結果に。

 

機構団信制度変更

フラット35の団信ですが、制度変更により現在は金利内に含まれるようになっていますが

2017年9月迄は機構団信の場合は支払いが別料金でした。

残債の0.35%毎年支払うという厳しいものでしたが、現行制度だとこれがなくなりますので、

 

ザックリ計算すると

残債2700万円×0.35%×30年÷2で

約140万円ほどお得に!

 

※ザックリ計算です!

 

機構団信で別料金払っている方は借り換え検討ですね。

 

詳しくは本職の方に相談しましょう。


タイトルとURLをコピーしました