iDeCo 情報強者ならやっている確定拠出年金個人型

スポンサーリンク

iDeCo とってもお得な個人型確定拠出年金

 

皆さん損はしたくないけど

お金が欲しいですよね。

何か上手い資産運用がないか?と聞かれれば、私は迷わずiDeCoを勧めます。

iDeCoには元本保証のある商品と、高い節税効果があるからです。

スポンサーリンク

NISAの欠陥

情報強者はiDeCoをやっている

NISAばかりオススメする人が多いですが、

投資のベテランの私からいえば、投資初心者にNISAを勧める事はできません。

何故か?

NISAは所詮「取らぬ狸の皮算用」でしかないんです。

NISAの場合は勝ち分のみ税金を払わなくてよくなります。

なので勝てなくては意味がないのです。

損失繰越が効かない

致命的な欠陥も持っています。

投資初心者は失敗しやすいもので、損失繰越が効けば再投資でチャンスが生まれますが、そのリスク対策が取れないのです。

投資においてはリスク管理がとても重要です。

リスク管理の重要性

初心者が100万円投資を行い

素人なので失敗しやすいもので

やはり20%マイナスして

80万円になりました。

その後、頑張って勉強して

20%プラスする事に成功しました。

80×1.2で96万円です。

同じ20%でも100万円に届かないのです。

資産構築にはリスク管理がとても重要なことが理解していただけたでしょうか?

スポンサーリンク

iDeCoのメリット

小規模企業共済等掛金控除

iDeCoで積み立てした金額を年末調整で申告します。

つまり運用実績にかかわらず税控除の対象になるのです。

庶民の年収400万円で概ね、所得税5%+住民税10%

毎月1万円iDeCoに投資すると年間12万円

12万円×0.15=1万8000円

これだけ税金を払わなくて済むようになります。

そして一般的な投資と同じ様にリスクがある商品もありますが

元本保証の商品があります。

と言う事は、リスク無しで毎年控除を受けられるとてもお得な商品なんです。

そして60歳になった時に受け取りですが、退職所得控除の対象になります。

退職所得控除とは

退職金等の一時所得に対して控除をおこなう制度です。

勤続年数20年以下の場合

40万円×勤続年数 この額が80万円に満たない場合は80万円

勤続年数20年越えの場合

800万円 + 70万円 ×(勤続年数 – 20年)

この退職控除は、現在転職時に勤続年数の初期化されるという法的な不公平があるため、法改正を視野に審議されています。

iDeCoの場合は転職しても

勤続年数は継続されます。

つまりこの点でも有利に

スポンサーリンク

iDeCoのリスクとデメリット

60歳まで引き出しができない

原則60歳まで引き出しができません。ですから20歳から慌ててやる事はオススメできません。

30前後には結婚・出産・住宅ローン・教育など様々なライフイベントがあります。

その時にいくらお金が必要か?

働き出したしばかりの若者では判断できませんよね。

更に転職や体を壊すリスクなんて考えると尚更です。

特例で引き出し可能ですが、体に大きな障害を持った時だけだと思っておいてください。

ですので、若い時は現金をしっかり準備しましょう。

退職金控除の上限

越えると課税対象になります。

会社からの退職金が多い方は注意が必要ですが、退職金が高い=勤務年数が長いので過剰に気にする必要はありません。

手数料がある

毎月国民年金基金連合会に103円

毎月信託銀行に64円

合わせて毎月167円

1年で2004円かかりますが

1年分一括支払いにすれば

国民年金基金連合会への支払い103円が1回分のみとなり

つまり

信託銀行分64円×12ヶ月で768円+103円で

合わせて871円になります。

この差は大した額ではないと思うかもしれませんが、

20年もやれば2万2580円となるため庶民としては馬鹿にできません。

しっかり年払いで契約してくださいね。

住民ローン控除と相性が悪い

庶民の場合、住宅ローン控除を受けていると、所得税は全て返却されて、住民税も最低額になっている場合が多いため、それ以上の控除を受ける事ができません。

つまり控除による減税効果が無くなります。

なので住宅ローン控除が終わってからiDeCoを始めるというのも手です。

ただし、退職金控除の枠(年数)を伸ばす必要がある方は早めに少額からやっておく方がいいですね。

特別法人税

なんで法人税が関係するの?と私も最初に思いました。

この税金なんですが、企業年金資産に課税するという恐ろしいもので、iDeCoも課税対象です。

年金資産の1.173%に毎年課税されるので100万円あると1万1730円に取られてしまいます。

ですが

この税金ですが、1999年から企業年金の積み立て不足等の理由で、20年以上凍結しています。

そして海外では積み立て年金には非課税が多いため、日本でも廃止して欲しいと要望の出ているものです。

ですから、減税効果が高い為に40代に入っているのなら過剰に気にする事はないです。

リスクとデメリットを理解できたでしょうか?

スポンサーリンク

iDeCo活用方法まとめ

住宅ローン控除が終わり次第全力でやる。

余裕があるなら、30代に入ったら年払い6万円で退職金控除枠を広げておくと言うのがベターな考えです。

タイトルとURLをコピーしました