大病を患った私が結婚できた理由

スポンサーリンク

 

始めましてぷに太です。

私は働き盛りの30代半ばに大きな病気をして、約50日間ほど入院していました。

その病気のため、ある臓器が18%程度しか生き残っておらず、

そして、その臓器は脳と同じで、今後細胞分裂等で増えて回復する類の臓器ではありませんでした。

現在は、その生き残りが頑張ってくれていて、

健常者の40%近くの数字を出してくれていますが、悪化のリスクが非常に高い病気なもので

 

住宅ローンは蹴られまくりました。

 

こんな私がですが、

大切な妻と結婚をして

可愛い子供2人を授かり、

無事に住宅ローンを組むことができました。

 

何故、私が結婚への決断ができたか

と言うと、

30歳のころ、

結婚とは何かと考え、

家族を守るためには

 

やはりお金が必要だよね。

 

と考え、お金について勉強をした事が、現在のささやかな幸福を支えています。

 

このページにたどり着いた貴方も病気を抱えていたり、貴方の恋人が病気を抱えていて、

恋愛や結婚に迷っていると思います。

 

病気を抱えた私だから、

そんな貴方の力になりたい、病気になんかに負けて欲しくないと切に願います。

 

貴方も、私と同じ様にお金の知識を持ち、ささやかな幸せを手に入れませんか?

それは今後、貴方と貴方の家族を支え守る力になると思います。

 

 

キャッシュ イズ キング

 

この考えは

企業や投資家が現金を多く持つことで、

不足の自体に備えたり、

絶好のチャンスに投資を行ったりできるという考えですが、

 

これは個人でも同じなんです。

キャッシュを多く持つことで、

過剰な保険を減らし、

それにより、更にキャッシュを増やし、

住宅ローンを組み、

住宅ローンによる団体生命保険により

家族に大きな保証をプラスするこ事もできます。

 

 

でも

貯金なんてどうやって貯めるのさ?

 

少しづつですが、

このサイトに記載していこうと思います。

お付き合いしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました