株式投資・主婦こそ株を買いなさい。ベテラン組が語る本当のところ

スポンサーリンク

株式投資ほど主婦に向いているものはないと、株式投資歴10年越えの私は声を大にして言いたいです。

 

スポンサーリンク

株式投資を何故主婦に進めるのか?

何故なら多くの主婦が日々買い物にでかけ、食材を買い、家族へ洋服などを買い、ときにはランチを食べ、財布の紐を預かり、家計簿をつけているからです。

つまり毎日市場調査に出て、店舗のサービスや価格に目を光らせているんです。

株式投資を行っていない人には、この有利性が理解できないかもしれませんが、

マーケティング用語で、f1層とf2層という言葉を聞いた事があると思いますが、

このf1層とf2層と言うのが私が指す主婦がいる年齢層です。

マーケティングにおいて購買意欲の強く流行に敏感なf1層を押さえる事が重要とされます。もちろん若い主婦はこの層ですし、

それと同等以上に隠れた購買力を持つのが、家族の為にお金を使うf2層なんです。

そして主婦はその2つの層に属しているんです。つまりマーケットの中央にいるんです。

この利点に気づけば自分達が選ぶサービスが、他の層に比べてニーズの多い、つまりお金になる企業が多い事が理解できるかと思います。

 

もう8年も前になりますが、昔お付き合いしていた女性から「最近セリアに行くんだ」「小物が可愛いんだ」と話を聞いていました。

当時2011年16万円くらいだった株価が、

2017年には45倍の720万円

知っていたのに見逃したお宝銘柄5選

 

3年前にもうちの嫁が、

「ジャパンミート安いんだ」

※北関東基盤のディスカウントスーパー

行ってみると車が駐車場に入りきれず、路上に渋滞がw

丁度その時期にジャパンミートは株式を上場したので、これは行けると45万円ほど購入。

2年後に2倍の90万円になりましたw

 

こんな感じで女性の目や口コミと言うのは、とても株式投資には参考になるものばかりなんです。

 

投資ってリスクが高いのでは?

よく投資で借金をしたなんて話を聞きますが、

彼らは投資なんてやっていません。

似て非なるもの「投機」というものを行っているんです。

近年借金を抱えた人で多いのが、仮想通貨、FX、先物取引です。

これらの金融商品は、株式投資とは全く非なるもの、

証拠金取引という、自分が預けたお金を何十倍にもして取引を行うとても危険なものなんです。

ようは、

実力がない人が見栄を張って、何十倍も実力がある様に振る舞っているんです。

そりゃあ失敗しますよね。

 

過ぎたる欲は身を滅ぼす

見栄を張らず自分の実力でやっていれば、10万円の失敗は10万円の損失ですが、

調子に乗って50倍にしていたら、500万円の負債。借金地獄行きです。

そしてこれらの証拠金取引は、短期間で「上がるか?下がるか?」ハイアンドローのギャンブルをやっているだけなんです。

 

つまり欲をかいたギャンブル脳が、勝手に破滅しているだけなんです。

 

投機・証拠金取引の危険性はなんとなく理解できたでしょうか?

 

株式投資とは

株式投資とは、自分でみて信頼できる。今後も期待できるそんな企業に夢を託し、その企業の株式を購入すると言うものです。

株式売買でも信用取引と言って売買資金を4倍の近くにする方法もありますが、もちろん素人にそんな危ない方法を勧める気はありません。

むしろこんな文面に踊らされないで、もっとクレバーになってもらいたいものです。

 

不況の時こそ株を買え!

安く買って、高く売れ

これ商売の基本ですが、

株式を安く買おうとしたらいつか?もちろん不況の時です。

現在は日経平均株価22000円前後ですが、

リーマンショックの大底(2008年11月)では、日経平均株価は7000円台前半、現在の3分の1でしかないんです。

 

そんな大底で買いに行くのは、私の様なメンタルの強い人だけです。

一般の人は手を出すのは厳しいかと思いますので、少し落ち着いた2010年1月に

当時主婦に人気だった株主優待銘柄がどの様になったか?

私が「不況の時こそ株を買え!」という意味が良くわかると思いますので3つほどピックアップ。

全て株式投資なんてやってなくても知られている企業です。

 

マクドナルド

不況の強者マクドナルド

株主優待で半年に一度、6セット分のサービス券が貰えるので大人気。

1775円×100株で17万7500円だったものが

MAX6030円×100株で60万3000円に

3倍強に!

 

イオン

20日30日は主婦や家族連れが大挙するイオン当時も大変混雑をしていました。

優待でイオン店内での購入が3%バックとこちら大人気。

752円×100株で7万5200円にだった株価が

MAX2792円×100株で27万9200円に

約4倍に!

 

ビックカメラ

都内や地方都市にも店舗を持つビックカメラ。

当時株価も安く株主優待券が4000円と、とってもお得だった為に、こちらも人気に

※優待制度改良もされました。

332円×100株で3万3200円だった株価が

MAX1942円×100株で19万4200円に

約6倍に!

 

不況の時に優待株を買うのが最強

不況の時に安くなった株価で、

人気の優待株を買うと上記の様に、景気が回復したときにとても美味しい思いができるんです。

そして持ってる間は、配当金と優待券が半年に一度もらえたりと、とても嬉しい特典までついているんです。

私もビックカメラその後に改良されたので、売るに売れなくなりましたw

嫁と二人分で子供の誕生日などにオモチャを買って楽しんでますw

 

もちろんこれほど上手く行くとは限りませんが、景気循環により、誰でも2倍程度は狙って行けるんです。

 

株式投資で専業をやるのは難しいですが、人生を豊かにする事はとても簡単に可能なんです。

貴方もこちら側に回るチャンスがあるんですよ。

しっかりチャンスを見定めて株式投資にチャレンジしてみてください。

 

では∠(`・ω・´)

 

タイトルとURLをコピーしました