節約 格安スマホ キャリアからの搾取からの脱出

スポンサーリンク

ベテラン格安スマホユーザーのオススメはこれ!

実は私、格安スマホのパイオニアIIJmioの初月加入組なんです。

何故加入したかは、もちろん節約になるからです。

大手3キャリアですと1ヵ月8000円程度かかりますが、

格安スマホですと

1ヵ月、3000円くらいでそれなりのサービスに加入できます。

2年間で考えると

差額5000円×24ヵ月で12万円ほどになります。

そして、安いところだと1400円ほどでスマホが利用可能です。

差額6400円×24ヵ月だと15万円以上のコスト削減になります。

これだけ差額があればやりたくなりますよね。

何故こんなに安くなるかというと、

大手キャリアがぼったくっているからです。

 

なので政府からも値下げしろと圧力を受けていますが、あまり動こうとしていないのが現状です。

 

こんな事を言われてもどの格安スマホを使っていいか?

最初はわからないですよね。

 

格安スマホは色々ありますが

私はIIJmioフォンから、現在まで格安スマホを複数社利用しています。

そんなベテラン組の私が、どの会社を勧めるか興味があリますよね。

ですので私が現在、オススメする格安スマホ会社をランキングしたいと思います。

スポンサーリンク

格安スマホランキング

1位 UQモバイル

UQWiMAXで有名なこの会社、auの子会社なので、au子会社なので、

auにWiMAXの電波を貸しており、それの利益を使い、auからモバイル回線(帯域幅)を多く借りているために、

昼時などの混雑時でも、格安スマホでありがちなイライラする速度低下が起きません。

高速通信と低速通信を切り替えて利用可能で、

低速時300kbpsなら使い放題で、アベマTVも低画質にすれば、アニメくらいなら見る事も可能です。

 

端末も108円とかでもらえて

月1980円、家族割500円引き、更にキャンペーンもあり。

現在、私も利用中です。

・安定した回線がいい
・端末を安く手に入れたい。
・通話も無料が欲しい。
・低速でも無制限が欲しい。

全ての人にオススメできます。

UQモバイルを詳しく説明

UQ mobile 【ALL CONNECT】

 

2位 楽天モバイル

混雑時の通信速度は劣りますが、

昼時や夕方に速度制限があるものの、1mbps使い放題がとてもお得です。

※大手キャリアの低速制限時128kbpsは使えたものではないですが、約8倍あるためユーチューブ360pも観れます。

楽天ヘビーユーザには色々特典も多いです。

昼時や夕方は仕事をしていて使わない。
無制限でソコソコ使える回線が欲しい。
楽天ヘビーユーザー

こんな人にオススメです。

楽天モバイルを詳しく説明



 Yモバイル

UQモバイルのライバル

ソフトバンクのサブブランドなので通信品質はソフトバンクそのもの。

各種特典や料金もUQと近いですが、

高速通信分を使い切ると、大手キャリアと同じ厳しい128kbps制限があるためこの順位に

 

4位 ocnモバイル

キャンペーンで端末を安く購入することが可能です。

そして拘束期間が半年と短いのが特徴です。

この2つの特性から、

2年縛りが解けた時に、安く端末を購入して、予備機にしたり家族にあげたりできます。

そして半年したら、またUQ等に戻りスマホを手に入れてください。

OCNモバイルONE/OCN光

 

5位 IIJ

格安スマホのパイオニア。

その理由はNTTの資本が入っているから、

格安スマホ他社にシステムを貸し出しもしています。

 

もちろん格安スマホユーザー数No.1

信頼と実績のIIJ

IIJmio(みおふぉん)

 

6位 LINEMobile

LINEと名前がついていますが現在ソフトバンクに降りキャッシュフロー改善。

その為通信速度が比較的早めです。

LINEやTwitter等の無制限プランも嬉しいところです。

 

7位 mineo

関電の子会社で、光回線をやっていたケイ・オプティコム社名を改めたオプテージの格安スマホサービス。

その為キャッシュリッチなキャンペーンが年数回行われます。

 

高速通信量の受け渡しが可能なため、メルカリなんかで売買されています。

 

 

 

スポンサーリンク

他にもあり過ぎる格安スマホ

選ぶのが大変ですので、基本上記7位の中から選ぶのをオススメします。

 

こっから先は参考程度に

※格安スマホは他社からネットワークインフラを借りて通信サービスを行うmvnoというものですので、以降mvnoと書かせていただきます。

 

IIJ系列

下記3サービスはIIJのシステムを利用しているため、似たりよったりなのでザックリ説明

ビックシム

ビックカメラとIIJでやってます。

wi2 300というWi-Fiスポットも利用可能です。

 

イオンモバイル

イオン店内に、実店舗があるので興味があれば覗いてみてください。

運が良ければキャンペーンをやってます。

因みに端末はあまり安くないですけどね。

 

DMMモバイル

昔はDMMはエッチなサイトで有名だったDMMです。若者にはFXやゲームのほうが有名ですかね。

DMMのポイントが付くので少しお得です。

しかし楽天に身売りが決定しました。楽天ポイントに変更になるそうです。

 

TONEモバイル

ツタヤが行う独自路線のmvno

自社製造端末とセット売りをして、サポートもしやすい状態にして、シニアや子供向けに制限&管理をできるシステムを組み込む事で、他社と差別化をしています。

500kbpsの無制限通信も、玄人じみた設定で、しっかり考えられて運営されているので、とても面白いです。



 

LinksMate

グランブルーファンタジー

神撃のバハムート

アイドルマスター等のゲームを擁するCygamesが親会社のmvnoです。

ゲーム会社が親会社というだけあって、特定のゲームと連携してアイテムをもらえたり、特定のゲームで高速通信を使い放題になったりと、ゲームに対して強いです。

指定のヘビーユーザーなら使う価値大です。

 

niftyモバイル

老舗プロバイダのniftyが行うmvno

その為、niftyが行う他のサービスとの連携が強いのが特徴。

nifty電気との「まるっと割」が終わってしまったのが残念。

 

BIGLOBEモバイル

こちらも老舗プロバイダのBIGLOBEが行うmvno

NECからKDDIの子会社に。

 

Exciteモバイル

こちらも老舗プロバイダが行うmvno

段階性料金などをやっていますが、他社と差別化できているほどではないです。

タイトルとURLをコピーしました