コスパ最強保険!約1000円!県民共済

スポンサーリンク

コスパ最強保険!約1000円!県民共済

 

ドケチな私ですが、

しっかりと入っている保険もあります。

 

スポンサーリンク

ドケチだからこそ保険は必須

お金持ちは保険に入らない方が多いです。

お金を持っているから自分で解決できますからね。

でもそれって、本当のお金持ちに許される特権です。

1000万くらいお金を持ってるくらいでは、

病気により入院して一気に数十万円も飛んで、

更に病気により収入が減るリスクと、

再発してまた入院して数十万円飛ぶリスクに

備えているとは思えません。

 

「生活保護があるから大丈夫」

こんなふうに思う方もいるでしょうが、それって最後の手段です。

自分で最低ラインの保障に入っておくのが、社会人としての責任だと思います。

 

私はその保険に入っていた事で、大きな病気をして50日ほど入院している時に

入院費用を全く考えなくて済みましたが、保険に入っていなければ、「入院費用どうなるんだろう?」

と怯えていなければなりません。

 

高額医療費制度によって、1ヶ月12万円ほどあれば入院費用はクリアできますが、

その後、身体の負荷を減らすために、

今までのように残業できなくなったり、

私のように社内のレールから外れることも普通に起こりえます。

そして私は屑野郎による「弱い人間を狙って行う」パワハラの標的にもされました。

 

更に再発のリスクも健康な方に比べると跳ね上がります。

 

という事は、慌てて保険に入ろうとしても、病気をしていると保険屋に拒否されたり、高額の保険料を払わなくてはなりません。

 

唯一の頼みの貯金も1000万円ほどでは、家族を守るなんて考えられませんよ。

自分の為に家族のために、最低ラインの保険には必ず入りましょう。

 

では最低ラインの保険って

スポンサーリンク

どれくらいの値段でどんな保障があるのか?

気になりますよね。

埼玉の県民共済なら

控除等を考えると月1000円以下の価格で

入院1日8000円

死亡時400万円でます。

埼玉県民共済ホームページより

年間1万2000円以下でこの保障は入らない方は無知としか思えません。

 

なんでこんなに安いかというと払い戻し金があるからです。

支払い額は月々2000円からですが、

払い戻し金が年間1万1460円あります。

 

支払い年間2万4000円−1万1460円で1万2540円

この時点で月約1000円ですが

 

更に生命保険控除で

庶民の所得税5%と住民税10%

合わせて15%控除されたら

1万2540円×0.85で1万0659円

更に2000円近く安くなります。

 

「保険料が高い」

なんて思って、保険に入らないなんて、馬鹿げているとしか言えませんよね。

 

「私独り身だからいらない」

なんて思っていても、

何かあれば親兄弟、姪っ子や甥っ子に迷惑をかける事になりますよ。

しっかり考えてください。

 

しかし、こんなにお得な県民共済ですが、デメリットもあります。

県民共済のデメリット

65歳以上から保障が減って行きます。

70歳を越えると

入院1日2500円

死亡時150万円と一気に減ります。

そして80代になると雀の涙に。

そして85歳迄しか保険が続きません。

ですが85歳というのは、その先がない年齢です。自分で貯金を切り崩しての対応をすることになりますが

この年齢の入院=「先が短い」ですので、過剰に貯蓄が減る事を気にする事はないんです。

終末期に、2年間病院で入院しても、高額医療費制度により240万円ほどで済みますので、この程度の額は自身で準備しておきましょうね。

 

そして県民共済は

年間の払い戻し金の約5%積立てくれます。

1万円の払い戻し金があれば500円

2 0歳から加入していれば

約20 万円

熟年型共済も払い戻し金が6700円ほどあるため、

6700×0.05で約330円

×25年で8250円

合わせて約21万円ほど返ってきます。

気休めかもしれませんが、1ヶ月分以上の入院費用が確保できているのです。

優しい。

 

こども共済も

子供の保険いつから入れればいいか?

実は産まれた直後から申請するのが基本です。

何故か?

産まれたばかりの赤子は、どんな病気を持ってるいるか分からないからです。

 

厳しいデータになりますが、

死亡率は1歳から2歳よりも、0歳から1歳の方が高いです。

 

「うちに不健康な子供が産まれて来るなんて思いたくない」

そんな気持ちもよくわかりますが、

 

「貧すれば鈍す」

子供が病気をした為に、高額の医療費がかかり家族がメチャクチャになり、

「この子が産まれてこなければ」

なんて絶対に考えて欲しくないでので産まれたばかりから保険考えてください。

 

そして遺伝的な病気も、

うちの嫁も小児喘息を患った経験がありました。

そして長男が3歳の時に病院でも、喘息の気があると言われてしまいました。

その後、元気に幼稚園に通っていたのですが、風邪で体調を崩した時に、喘息の発作が起き、緊急入院となりました。

たった1週間の入院でしたが9万2000円ほど、

市の助成があるので後日帰ってきましたが、

入院中は付き添いの奥さんの食費や、子供の退屈とストレスを紛らわす為に、迷路やおもちゃを買ってあげたりと色々お金がかかります。

 

私は子供共済に入っていたおかげで、気にすることなくお金を使えましたが、保障のない方は違いますよね。

 

因みにこの「こども共済」もかなり優れたもので、

掛金月1000円で

1日5000円

ガン診断50万円

先進医療1万円〜150万円

 

更に

親(契約者)が亡くなってしまった場合 50万円

 

それだけではなく、

傷害保障まで、100万円

(自分持ち1000円)

 

コスパ良すぎ。

いや、優しい過ぎです!

県民共済がどれだけ良心的な共済か理解できたでしょうか?

 

子供の為に、自分と奥様の為に必ず加入してください。

 

スポンサーリンク

県民共済は埼玉県が発祥の地

この県民共済は埼玉県が発祥の地ですので上位団体の

全国生活協同組合連合会

本部は埼玉県さいたま市南区影沼1-10-1(武蔵浦和駅そば)に置かれています。

 

昭和45年に発足した50年程度の歴史があり、少しづつですが加盟する都道府県を増やし、今では44の生協を束ねるとても大きな組合に発展しています。

 

これだけ保障がよければ当然ですけどね。

過度の売り込みをしない事で、販促にかけるコストを減らしたことで成り立っている大きな保障。

ですのでまだ知らない方も多いんですよね。

 

貴方の住んでいる所でもきっと有るはずです。

是非貴方も、最安ラインでありながら、

しっかりとした保障に入ってくださいね。

 

では∠(`・ω・´)

 

 

タイトルとURLをコピーしました