LINE Payカードはリアルカードで発行しちゃおう

スポンサーリンク

LINE Payカードはリアルカードで発行しちゃおう

予想通りLINEの巨額の赤字により

色々蓋がされる事になりました。

 

LINE PayカードからQUICKPAYにチャージして、QUICKPayの使用のみキャンペーン対象に変更されてしまったので、

おサイフケータイが使える端末をお持ちの方以外はLINE Payカードを発行する旨味が無くなってしまったのが非常に残念ですが、

コード払いの対象店舗は、イオンやokストアなど増えてきていますので、引き続きLINE Payのキャンペーンに乗ってウマウマしてください。

 

平成最後のキャンペーンでも話題のLINE Payですが、

スポンサーリンク

リアルカードを発行すると

6月1日のキャンペーンより

QUICKペイのみ対象になりました。

JCB加盟店なら何処でも使えてしまうんです。

つまり4月31日も迄のキャンペーンの15%バックをクレジットカードを使える様なお店なら何処でも対象になるんです。

 

でも今から申し込んでも、間に合わないですよね。

 

ですが

バーチャルカード

6月1日のキャンペーンよりQUICKペイ以外対象外になりました。

リアルカードで発行すると、カードが自宅まで届くまで、バーチャルカードが利用可能なんです。

このバーチャルカードですが、

ネットで通販等で利用可能なんです。

 

そして

アマゾンギフトを購入がオススメ

6月1日のキャンペーンより対象外になりました。

 

今回のキャンペーンもアマゾンギフトを購入する事が可能なんです。

アマゾンギフトを購入するだけで15%バック

そして、アマゾンギフトを購入してしまえば、アマゾンギフトの期限内なら、いつでも利用可能なんです!

更に、アマゾンギフトの有効期限は10年ととても長いんです。

 

今回3万円アマゾンギフトを購入して15%バックなら4500円のバックです。

一般的なクレジットカードカード等の還元率は1%以下ですので、今回のキャンペーンがどれだけ神がかってるか理解できるでしょうか?

 

更にアマゾンギフト購入もLINE Payのくじ引きの対象なんです。

 

100円×20ギフト購入で

LINE Payくじ引きを20開催引き、1000円以上当てたツワモノまでいますw

 

ですが

LINEは100億円の赤字

LINEは今期の決算でキャンペーンを頑張ったために、103億円の赤字を出しました。

こんな美味しいアマゾンギフトチャージは、次回キャンペーンには蓋をされる可能性があるんです。

ですから、キャンペーンの枠ギリギリまで、アマゾンギフトを購入する事をオススメします。

※予想通り色々蓋がされてしまいました。残念

 

LINE PayはQUICKペイも可能

LINE Payは今回もQUICKペイが対象なんです。

 

おサイフケータイ対応の端末を持っていれば

LINE Payカードが間に合わないくても、

激安スーパーのokストアや、業務用スーパー、

 

イオン店舗内なら、何処でもおサイフケータイのリーダーがありますよね。つまりイオン内のユニクロや100均

 

マックスバリュやマルエツでも15%バック!

やらない手はないですよね。

 

スポンサーリンク

LINE Payカードの注意点

開通手続きが必要

LINE Payカードを受け取ってから、開通手続きが必要です。

 

開通手続きを行っていないといざ会計で泣きをみます。

 

カードを受け取ったら、封筒の中にある開通手続きの説明通り開通してください。

 

一部店舗では使用不能

出光とかガソリンスタンドのように、カードを通してからの後から請求額が決まる様なものには使う事ができないんです。

ちょっと残念ですね。

 

では、今回のキャンペーンも残りわずか、賢くお得にお買い得を楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました