老後に2000万円足りないなんて証券屋の営業トーク

スポンサーリンク

老後に2000万円足りないなんて、証券屋の営業トーク

前々から2000万円かかると数字は知っていたんですが、

どうせ証券屋の営業トークなんだろうと思っていたら

大騒ぎされていたので、

「また不安を煽って営業したいんだろうな」と

 

冷やかに見ていたんですが

 

私も若い時そうでしたが、若い子って、こういう文言に踊らされてしまうんですよね。

 

なので、若い子達に将来を悲観して貰いたくないので書き込み

スポンサーリンク

実態を知ろう

26万円の内訳

この26万円。

現役子育て世代なら、おかしいのが直ぐにわかると思いますが、

26万円以下で家賃を払いながら、子供2人を育てている方が沢山います。

4人分の食費に衣服費馬鹿になりません。

つまりこの26万円はあてになりません。

この数字というのは平均値です。というとこは、一部のお金持ちが数字を引き上げているんです。

お金持ちを狙って営業をかけるのが証券屋。

そして、この数字を算定には証券屋が関与しています。

貴方も内訳をみると「何これ?」って思うのが複数出てくると思いますよ。

 

食費

試算では6万4444円

「え?!

4人家族のうちの食費より高い!」

こんな風に思う主婦も多いと思います。

たった二人しかいないのにこの金額。きっと美味しいお肉食べてるんでしょうね。

庶民とは感覚が違いますが

まぁ食べるのが趣味の方もいるので目をつぶりますか。

 

住居費

1万3656円

え?!安すぎですよね。

もちろん団塊世代は持ち家があるのが当たり前。修繕費のみとなります。

 

逆にいえば、

「持ち家なんてお金の無駄w」

なんて馬鹿にしていると老後痛い目をみます。

持ち家は老後へ向けての資産作りと考えて、子供ができたら購入を考えましょう。

住宅購入、賃貸どちらがお得か?妻子持ちなら家を買え

 

光熱費

1万9267円

やっと庶民でも納得できる数字が、ですが寒冷地ではもう少し多くなるので、ご自身の住んでいる場所と照らし合わせて考えてください。

 

家庭雑費

9405円

家庭雑費と言われるとピントこないのですが、なんですかこれ?

トイレットペーパーとか洗剤でしょうかね?

1万円以下なのでまぁ仕方がない額ですかね。

 

保険医療費

1万5512円

 

逆にこれだけで大丈夫か?

と思ってしまう数字なんですが

国民健康保険料を払う必要があるため庶民層でも、月額1万円前後必要です。

(年金額が少ない方は無料)

それなのに「他にも保険に入っていたらと思う」と?となります。

他の所に計算されているかもしれません。

 

被服等

6497円

こちらも庶民的な数字、

高齢者になるとあまり服を買わなくなるんでしょうね。

 

交通・通信費

2万7576円

交通費と通信費がセットになってるので「今時なんだなぁ」

と思うのですが、これ車を持ってる世帯と持ってない世帯でかなり数字が変わってくると思います。

 

そして庶民なら通信費は格安スマホ等に変えて早いうちから貯蓄を増やしましょう。

 

教養・娯楽費

2万5077円

趣味や観光で使うんでしょうね。

映画だとシルバーは1000円で色々楽しめていい羨ましいw

ちなみにこれくらいの額を出せは、

お得な国内ツアー 株式会社日本ツアーさんより

夫婦で東京から南房総の千倉迄のJRのチケット付きで、温泉ホテルに泊まれます。もちろん朝夕食付

楽しそうですね(・∀・)

 

その他

5万4027円

その他。高いですよね。

いや待とう。

きっと孫におもちゃを買ったり、

御祝儀奮発する必要が毎月あるんでしょう(棒)

 

非消費支出

2万8240円

え?!

その他で5万4000円も使っているのに、更に?!

何これ????って感じです。

きっと健康保険とか固定資産税とかの支払いですかね。

わかりにくい。

 

見てわかると思いますが、

「娯楽費」と「その他」の約8万円は無くても生きて行けますし、

食費も二人分にしては多いですよね。

そして、80歳を過ぎれば身体も動くのが億劫になり、食欲も細ります。

 

ですから、高齢になってお金を使わなくなり、貯金が貯まってしまうなんて事が普通に起きるのです。

 

「それでもお金が足りなくなるのでは?」と思う方がいると思います。

 

持ち家があればこんな資金調達が可能

持ち家を売る

普通に持ち家を売って、市営住宅等の安い物件に引っ越すと言う方法。

でも高齢で引っ越しをするのは大変ですよね。

なので、住み慣れた自宅に住みながら、資金を調達する方法もあります。

 

リバースモーゲージ

これ自宅を担保にお金を借りるものです。亡くなったら自宅の権利が債権者に移行します。

しかし、銀行は債務超過を見逃しませんので、融資期間が定められていたり、土地の評価額が下がると融資停止になる可能性があります。

 

リースバック

こちらは持ち家を銀行等に売ってしまい。その銀行から売った家を借りるというものです。

借りると言うことは、期間が長くなると厳しくなります。



 

上記3つの方法がありますが、世帯主としては奥様の為にとっておきたい方法です。

 

どの選択肢を選ぶにしても、

お子さんがいれば必ず相談してください。

高齢になると判断力が鈍ります。

子供に迷惑をかけたくないと思う方もいると思いますが、

子供が自宅があることで、親がお金を持っていると勘違いをして、遺産を期待してしまったりすると、子供のライフプランにも影響します。

親としてカッコつけて、子供に返って迷惑をかけるのは、とても愚かな行為だと思います。

子供の為にも、しっかり子供と話合いましょう。

 

終末期のお金の準備ってどれくらい必要か?

お墓代

お墓代100万〜200万円

因みに、さいたまスタジアムのそばでも

霊園使用料15万円程

墓石&設置料で80万円程からです。

 

保険の料金をみればわかりますが、65歳を過ぎると死亡率が跳ね上がります。

60歳を過ぎたら奥様と相談して、お墓の見積もりや、準備をしておきましょう。

 

葬儀代

葬儀代50万〜400万円

火葬のみで15万円程から、

一般的な家族葬だと50万円前後からあります。

 

葬儀は残された家族があげる事になりますが、事前に質素にして欲しいなど、ご家族と近隣と友人にも伝えることができますので、残された家族が見栄を張った豪華な葬儀の負担を減らすことも可能です。

 

お葬式のバカ正直なお見積り【東京葬儀】

 

終末医療費

最悪2年間病院で寝たきりになったらどれくらいかかるか?

さいたま市後期高齢者医療制度ページより

1食420円×3+320円で

1580円×30日で4万7400円

×12ヶ月で1年間56万8800円

 

次に医療費

高額療養費

我々庶民は一般ですので

5万7600円×3で17万2800円

4万4400円×9で39万9600円

合わせて57万2400円

 

上記と合わせて余裕をみて年間120万円ほどです。

2年間なら倍の240万円ほど見ておけばいいです。

 

上記のお墓と葬儀代合わせて、

最低ラインだと旦那さん一人で400万円ほどです。

奥様の終末医療費の240万円と葬儀代50万円も合わせて、700万円ほどあればクリアできます。

なんだ。1000万も貯めておけば余裕がありそうですよね。

 

ですが、健康は個人個人変わりますし、自宅の修繕費なども考えて、もう少し余裕が欲しいところです。

 

まぁ上記のリースバックなどを使ってもいいんですけど、できれば最後の手段としてとっておきたいものです。

 

持ち家があると土地を売ったお金で老人ホームに入るなど選択肢は色々です。

 

老後の1000万円はどう貯める?

子育てが60歳で終わったら、後は10年間、定年を迎え給料が下がっても、共働きでしたら1000万円なんて簡単に貯まってしまう額です。

 

仕事をやめてノンビリするのもいいのでしょうが、家にこもっていても、奥様に邪魔者扱いされます。

 

ですから楽な仕事をやりつつ、お金を貯めるのがベストだと思います。

と言っても、もっと楽してお金も貯めたいものです。

そしてリスクも取りたくない。

まぁほとんどの方がそうだと思いますw

 

ですので私は、iDeCoを推奨しています。

iDeCoは拘束期間が長くなりますが節税効果が高いため、「リスクを取りたくないけどお金は増やしたい」と言う方にはうってつけの制度です。

iDeCoとは、情報強者はやっている確定拠出年金

 

スポンサーリンク

老後の資金まとめ

2000万円はお金持ちにより引き上げられた平均値。

1000万円くらいはあった方がいい。

資産として持ち家を用意する。

iDeCoにより節税をして貯蓄を増やす。

 

70歳まで働く時代

過度の悲観は辞めて、

できるだけ楽な仕事について

気楽に明るく生きましょう。

 

では∠(`・ω・´)

 

タイトルとURLをコピーしました