『結婚できない男』の続編が『まだ結婚できない男』決定 キャストは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「結婚できない男」の続編が「まだ結婚できない男」に決定

結婚できない男の名台詞「妻と子供と住宅ローンは人生の3大不良債権だ」

13年前の当時、主人公・桑野信介が建築家なのに、これ言っちゃうの?と偏屈さに笑わしてもらったのですが

桑野信介(当時40歳)この時期の同年齢の女性はバブル期を体験し、団塊世代の専業主婦が当たり前と言う価値観の女性がまだいた時期です。なので妻を負債と言いたくなるの気持ちもわかるんですけどね。

ですが、現在の適齢期の女性は共働きが当たり前ですから、

むしろ家事をしない旦那の方が、奥さんからみたら負債だと思われますw

子供に関しては、子供が負債なんて考えは、過去に子供だった自分の存在を否定する行為なので、子供は資産価値として計るものじゃないですよね。

そして、お金の話が大好きな私は、やはり住宅ローンの事を語りたい!

13年前の住宅ローンは総額どれくらい

現在令和元年(平成31年)

平成31年から13を引くと平成18年です。

その平成18年のフラット35の金利のはどれくらいかと言うと

※住宅金融支援機構より

平成18年の4月以降は3.5%以上ww

やばいマジ死ぬってw

3000万円フラット35で3.5%で借りた場合、細かい事を抜きにして計算すると

総額で5200万円も支払う必要がありますw

やっぱり旦那さん死ぬなw

 

まぁ多くの方は変動とか10年固定金利とかで、少しでも金利を下げる努力をしていましたが

人生の3大不良債権認定されても仕方ないですね。

 

いまだに、3流FPが馬鹿の1つの覚えのように期間短縮しろ!って言ってしまうのは、このクソ高い金利のせいなんですよね。でも超低金利の現在の常識はいかに?

 

2019年の現在は

※住宅金融支援機構より

金利1.12%やっす~いw

面倒臭いのでこちらもフラット35で3000万円借り入れで優遇金利とか抜きにして計算すると

総額3600万円ほどに、

細い計算はこちら・賃貸と持ち家どちらがお得・計算すると2000万円も差が

更に、今は手厚い保障の団信も込みの金利なので、団信と言う大きな保障までついて600万円しか増えないとすると、けして高くはないです。

因みに団信と同程度の月9万円の収入保障保険に35年の入ると200万円近くするため、

実際は3000万円を35年間も借りるのに、400万円ほど余分に払う程度なんです。

これでは「妻と子供と住宅ローンは人生の3大不良債権だ」とは言えなくなりましたね。

 

さて、新作で更に偏屈さに磨きがかかった53歳の桑野信介が、どんな決め台詞が出すのか?期待しています。

 

でも当時は桑野の偏屈さを楽しんで観てられたけど、今観たら痛々しくなりそうで少し不安ですw

 

スポンサーリンク

「まだ結婚できない男」のキャスティング

主人公・建築家・桑野信介(阿部寛)

弁護士・吉山まどか(吉田羊)

隣に越してくる謎の女性・戸波早紀(深川麻衣)

カフェの店長・岡野有希江役(稲森いずみ)

桑野の姪・中川ゆみ(平祐奈)

桑野と共同経営者に昇格した建築士・村上英治(塚本高史)

桑野の母・桑野育代(草笛光子)

桑野の妹・中川圭子(三浦理恵子)圭子の夫・中川良雄(尾美としのり)

 

「まだ結婚できない男」の放送時間

放送時間 2019年10月 毎週火曜よる9時~9時54分 フジ テレビ系全国ネット

初回放送日はまだ未定です。

 

では「まだ結婚できない男」桑野信介の勇姿を心待ちしています。

タイトルとURLをコピーしました