リクシル シャワーヘッドBF-SD6WからSANEIホース付シャワーヘッドPS323-CTA-MW2に交換してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リクシル シャワーヘッドBF-SD6Wから SANEI ホース付シャワーヘッドPS323-CTA-MW2に交換してみた。

リクシルのシャワーヘッドの止めるボタンが効かなくなり、ポタポタを通り越して、ダラダラと水が垂れて来てしまったので、

流石に交換しようと

色々調べていたら

リクシルのシャワーヘッドはホース内部に弁がありその関係で、シャワーヘッドのみでは交換できないと言うことで、

ホース付きで手元にストップボタンの付いたSANEIのホース付シャワーヘッドPS323-CTA-MW2と交換しました。

元々のリクシルシャワーヘッド

 

 

ホース付シャワーヘッドPS323-CTA-MW2交換手順

実は交換は超簡単です。

まずリクシルのホースを根本の部分を緩めて外します。素手でも外せると思います。

 

次にこのエルボーというパーツの根本のナットを外せは、エルボーも外せます。

サイズの合うスパナか、モンキーレンチは必要ですね。

 

そこにSANEIのホースを手で回してハメれば完成です。

 

以上とても簡単ですよね。

元々のシャワーヘッドのホルダーにも収まってしまうため、そちらも手を加える必要がありません。

 

ホースが縦に降りているため、テーブルの上にシャンプー等をおいていると落ちてしまうので、適当なエルボを取り付けると良いかもしれません。

 

使用感

LIXILのシャワーヘッドも節水を謳っていますが、SANEIさんのシャワーヘッドの方が水が柔らかく感じの心地よいです。

うちのチビも同じ感想でハジャイでいました。

値段も2500円前後で手に入ると思いますのでコスパも良く満足しています。

 

 

スポンサーリンク

補足 アダプターPT25-4は不要

品物裏面の取説にLIXILのシャワーと交換する為には、PT25-4が必要と記載されていますが、

上記の様に取り付けに必要がありませんでした。

私はこのPT25-4を手に入れる為にお店を渡り歩いた挙げ句700円も払ったと思うとかなり残念。それさえなければ満点ですw

タイトルとURLをコピーしました