元本保証?それ投資詐欺ですよ。違法な理由は?

スポンサーリンク

騙される方が絶えないのですが、元本保証の投資は基本的に出資法違反になります。

投資で損をしたくない。でも利益は欲しい。

皆さんそうですよね。

そういう人の気持ちに詐欺師はつけ込み

元本保証で年利10%なんて言って資金を集め、

配当金だけを払い信用を集め、

出資者が「出資したお金を引き出したい」と思ったときには、預けたお金は使い込まれている。

投資詐欺のあるあるなんですが、定期的にニュースになります。

スポンサーリンク

元本保証は出資法違反

上記のような古典的な詐欺の手法ですので、出資法の1条から真っ先に禁止されているんです。

出資法1条
「何人も、不特定且つ多数の者に対し、後日出資の払いもどしとして出資金の全額若しくはこれをこえる金額に相当する金銭を支払うべき旨を明示し、又は暗黙のうちに示して、出資金の受入をしてはならない。」

出資法1条に違反したときの罰則は

3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金、又は併科

となります。

と言うことで、

仮に、出資者が損をしないくらいに、運用が上手い人が運用を行っていても、元本保証を暗黙でも謳ってしまうのは、出資法違反になります。

 

投資の世界には「超高確率で勝てる」はあっても、絶対に勝てるはありませんからね。

自称優秀な男も震災一発で利益を飛ばしましたw

天災なんて、誰にも予想できないのですから、元本保証は許される行為ではないんです。

ですが

銀行や信用金庫などの一部の商品で例外があります。

何故かというと、保障があるからです。

 

スポンサーリンク

元本保証が許される預金保険制度とは

金融機関が破綻したら、預けたお金はどうなるの?

自宅に高額な現金を保管したら、空き巣・強盗が増えて治安が悪化しますよね。

ですから、銀行や信金などの一部の商品にのみ、預金保険制度が適応されます。

金融庁・預金保険制度リンク

 

決算用預金・全額保障は無利子のみ

当座預金などの小切手などの決算に使われる無利子の預金

全額保障目的の無利子の普通預金

 

一般預金は各銀行1000万円まで

よく「預金は1000万円までしか保障されない」と言うのがこれです。

一般的な利息のつく普通預金や定期預金、積立預金と

元本補填契約のある金銭信託です。

(ビッグなどの貸付信託は現在は終了しています)

各行1000万円迄ですので、UFJに1000万円、みずほに1000万円なら保障対象です。

※一部例外もありますので詳しくは金融機関の店頭で確認してください。

 

預金保険制度の対象外

外貨預金、譲渡預金、無記名預金、架空名義預金、他人名義の預金、債権

よく元本保証と勘違いされるのが国債や社債です。

これらの商品を、元本保証などと自分から謳ってセールスするのは金融機関ならありえません。

こんな事を言うのは詐欺師、または知識の非常に乏しい人なので、話を聞くのは絶対に辞めて下さい。

 

日本の国債は非常にリスクの少ない投資対象ですが、100%元本が保障されるものではありません。

日本が戦争に巻き込まれ、日本中が核爆弾で蹂躙されてしまえば、国債の返済なんてする事はできませんよね。

そして額が大きすぎて、預金保険制度の様なものの対象にもできません。

ですから元本保証をする事はできないんです。

まぁ核爆弾なんて、日本はアメリカの核の傘の中にいるのでありえないんですけど、

こんな事を言い出すと「預金保険制度」も日本の制度なので日本が壊滅すれば終わりです。

なので、日本の国債は元本保証同等という考えなら否定はしません。

ですが、社債なんて会社が潰れれば終わりですよね。

 

よく銀行でも、

「元本保証でオススメは?」

と聞くとシレッと、国債を勧めて来るならましですが、

社債なんて勧めて来るようなら、良い行員ではないので帰った方がいいですよ。

行員から元本保証と言っていないとグレーなので、私も勧められた事があります

もちろん株式投資や不動産投資、元本保証はありえません。

でも元本保証で美味しい思いをしたいですよね。

スポンサーリンク

元本保証で美味し思いをしたいなら、確定拠出年金(iDeCo)元本保証に突っ込め!

何故iDeCoで元本保証が許されるのかというと、iDeCoを通して銀行に預ける事ができるからです。

そしてiDeCoには高い節税効果があります。

額面で年収400万円程度だと、所得税5%と住民税10%合わせて15%税金がかかりますが、

この15%の税負担を、iDeCoの掛金は対象から外れます。

iDeCoで毎月1万円年間12万円積立すると

120000×0.15=18000

毎年1万8000円も税金を払わなくてすみます。

60歳まで引き出せないとデメリットもありますが、ぜひ検討してみてください。

情報強者ならやっているiDeCo(確定拠出年金個人型)とは

 

では、お金は人を狂わせます。投資詐欺には十分注意しましょうね。

タイトルとURLをコピーしました